ロゴ

貿易事務com

貿易事務として働き始める前に知っておきたいこと

貿易事務の基礎知識

電話とキーボードに触れる人

貿易事務とは

貿易事務は国外の企業を相手にビジネスを行っている商社などでの事務の業務を担当するお仕事です。輸出入をする際に必要な資料を作成したり、相手方と連絡を取り合うなどして作業を円達に進むように対処していきます。

どんな業務があるのか

貿易事務で行なう仕事は多岐に渡ります。輸出入に関する書類の作成も行いますし、ビジネス相手となる海外の企業の担当者と電話やメールで連絡を取り合います。また、荷物の配送に関する手配やスケジュールの調整も行います。他にも来客の対応を行ったり、作成した書類を整理したり、時には通訳や翻訳業務を行なう場合もあります。

身につくスキル

貿易事務の業務は基本的に英語で行われるため、当然ですが英語のスキルはめきめき上達していきます。貿易事務の仕事をし始めてからTOEICなどのスコアが大幅に上がったという人も少なくありません。また、日々の業務はパソコンで行なうのでパソコンの基本的なスキルも上達しますし、事務処理能力の向上も期待できます。

キャリアプラン

貿易事務の仕事をこなし貿易事務としてのキャリアを積んでいくことで、通関士へのキャリアアップを目指すことができます。通関士になると貿易事務では取り扱うことのできないような専門的な業務に携われるようになるので業務の幅がどんどん広がっていきます。ただし通関士になるには試験に合格し、通関士の資格を取得する必要があります。

広告募集中